妙正寺川 上高田支流(仮)

中野駅の北、早稲田通り沿いから少し入ったところから妙正寺川へ続く暗渠がある。
川の名前は特にないが、暗渠を趣味としている方々からは、上高田支流
の名で呼ばれている。
ということで、上高田支流(仮)として話を進めていこうと思う。

上高田支流は中野区新井1-3の駐車場脇の茂みにその上流を見つけ
ることができる。
ただ周囲は住宅街であり、ここが本来の上流端であるかどうかは判らない。
昔はこの辺りに湧水でもあったのだろうか。
2017-03-18_1.jpg

その先、東へ通じる暗渠道が始まる。
遊歩道として整備されているものではないが、ずっと続いているので容易
に支流を辿ることができる。
2017-03-18_5.jpg

細い道は大妻中野高校の北側沿いに進んでいく。
2017-03-18_10.jpg

スタート地点は早稲田通りと同じ高さであったが、400メートルほど歩い
た場所で早稲田通り方面へ目を向けると、写真のような坂道となっている。
国土地理院のサイトで計測すると5メートルほどの標高差があり、支流
が形成した谷を実感することができる。
2017-03-18_12.jpg


更に細道を進んでいく。
右側の縁石はかつての護岸石だろうか。
2017-03-18_15.jpg

くねくねと続く暗渠道、暗渠歩きの醍醐味を感じることができる風景でもある。
2017-03-18_18.jpg

ここから早稲田通り沿いには八軒ほどの寺院が続く。
明治時代後期、東京府都市計画に伴い、牛込・浅草・芝などから移転して
きたもので、ちょっとした寺町を形成している。
2017-03-18_22.jpg
写真は乾龍山天徳院(写真左 慶長7年(1602)創建)、盛高山保善寺
(写真右上 文禄2年(1593年)創建)、天寿山宗清寺(写真右下 寛永
6年(1629)創建)である。

寺町は上高田支流からも確認することができる。
というのは、その先、龍興寺の墓地下の石垣の横を通るのである。
2017-03-18_33.jpg

この石垣、よく見るとなにやら彫刻が施されており、おそらく墓石などを再
利用されているものと考えられている。
数年前、白く塗色されてしまい雰囲気が変わってしまった。
2017-03-18_35.jpg

なお、慈雲山龍興寺は寛永6年(1629)牛込に創建された臨済宗の寺院で、
小日向を経て明治41年(1908)当地へ移転した。
2017-03-18_38.jpg

上高田支流は、白桜小学校の敷地へ入っていくため、暗渠道は一旦途切
れてしまう。
仕方なく迂回することとなるが、小学校の北西には更に寺院が六軒ほどあ
るので、その中から宝泉寺と功運寺を紹介しておこう。

曹洞宗の正覚山宝泉寺は永禄5年(1562)、江戸城清水門近くに創建、そ
の後牛込横寺町などを経て、明治41年(1909)当地に移転した。
三河深溝藩主で島原の乱で討死した板倉重昌(1588~1638)の墓所がある。
2017-03-18_42.jpg

その西側には同じく曹洞宗の萬昌院功運寺、萬昌院(天正2年(1574)
創建、大正2年(1913)当地へ移転)と功運寺(慶長3年(1598)創建、大
正11年(1922)当地へ移転)が昭和23年(1948)に合併した寺院である。
2017-03-18_47.jpg

萬昌院は三河吉良家の菩提寺であり、忠臣蔵で有名な吉良義央(1641~
1703)の墓所も当寺にある。
墓石には「元禄十五壬午十二月十五日」と刻まれているのが確認でき、興味深い。
2017-03-18_53.jpg
また浮世絵師の歌川豊国や、『放浪記』などで有名な林芙美子もここに眠っている。

さて、上高田支流に戻り更に下流へと辿っていこう。
白桜小学校で途切れた川跡の道は、再び出現する。
この細道は中野区と新宿区の区境となっており、左側が中野区上高田、右
が新宿区上落合となっている。
2017-03-18_57.jpg

歩いていくと突如としてトンネルが出現、これは隣接する落合斎場の駐車
場通路として設けられたものだ。
2017-03-18_59.jpg

その先も暗渠道が続いている。
2017-03-18_62.jpg

妙正寺川に近づいていくが、川の100メートルほど手前で水路は直角に曲
がっている。
ここで左側から、西方500メートルほどに位置する桜ヶ池不動尊からの水路
が合流している。
2017-03-18_63.jpg

その桜ヶ池不動尊には崖地下部からの湧水を水源とする小さな池があり、
境内の由来碑によれば、清水が湧出する場所に小祠を建てて不動を祀
ったのが始まるという。
享保の頃より上高田には榛名、大山、武州御嶽、三峯の四講があり、講中
の代参者が禊を清めたようだ。
また、昭和7年(1932)には耕地整理組合が発足、妙正寺川の四村橋下流
に設けられた堰場からの導水や、東光寺(不動尊の北方にある)の湧水池
などを合わせ、農業用水として利用された。
2017-03-18_76.jpg

桜ヶ池不動尊からの水路は水は流れていないものの、上高田4丁目団地
脇の暗渠としてその姿を残している。
2017-03-18_73.jpg

不動尊からの水路と合流した上高田支流は東へと向きを変え、妙正寺川
の南側を川と並行して200メートル余、流れていた。
本来であれば真っすぐ妙正寺川へと合流してもおかしくはないが、桜ヶ池
不動尊の碑文を考えると農業用水による流路変更があったことも考えられる。
2017-03-18_65.jpg

支流は美仲橋下流で妙正寺川に合流していた。
現在、吐口はないが、よく見ると護岸壁にその痕跡を確認することができる。
2017-03-18_67.jpg


 
目次
   
スポンサーサイト

川沿い桜ガイド 目次

このブログで取り上げている川沿いの桜ガイドをまとめました。
お花見散策などに活用いただければ幸いです。

河川名をクリックすると、その記事にリンクします。

※ 河川の護岸工事などで状況が変わっている場合がありますので、
   御承知おき願います。  

神田川  (井の頭池~江戸川橋)
kan_019.jpg

善福寺川
zen_010.jpg

妙正寺川
myo_003.jpg

目黒川
meg_011.jpg

野川
2015-04-04_113.jpg

仙川
sen_015.jpg

二ヶ領用水 (本流・宿河原堀・川崎堀)
2016-04-02_16.jpg
   

三ヶ村用水 2

引き続き、三ヶ村用水の本流を辿っていく。
二ヶ村用水と別れたあと、道路の左側に暗渠が出現する。
用水の暗渠といっても、ここには水は流れていない。
畑で農作業をされてる方に話を伺ったが、大雨の時しか水は流れないようだ。
かつてこの辺りの水田を潤したであろう用水は、周辺の都市化とともに雨
水排水路と変化してしまったようだ。
4~5kmほど西の府中用水の上流部では今なお、こんこんと水が流れて
いることを考えると、残念な気がする。
2016-05-28_93.jpg

その先、住宅街の中をコンクリート蓋が続いていく。
2016-05-28_101.jpg

その暗渠を辿っていくと都立府中東高校の北を蛇行しながら東へと進む。
この辺りの水路を車堀と称していたらしい。
車堀という名の由来は、高校の北東、押立町2-43付近に水車があった
ことからだとか。
2016-05-28_104.jpg

バス通りを越えると用水跡は飛田給緑道として現れる。
2016-05-28_106.jpg

緑道はわずか200メートルほどに長さだが、道路脇の草木が目を楽しませ
てくれる。
2016-05-28_107.jpg

円弧を書くように右へと曲がり、中央道の北側で途切れる。
2016-05-28_110.jpg

少し左に行くと支流の瀬戸堀(後述)と合流、中央道の高架下から再び暗
渠が現れ、南へと流れている。
早川と呼ばれる流れであるが水源があるわけでもなく、実態は三ヶ村用水
の続きである。
2016-05-28_113.jpg

迂回しながら辿って行くと、右から二ヶ村用水の本流が合流してくる。
2016-05-28_114.jpg

早川はこの先、200メートルほど開渠となり、更には住宅の裏を通って長瀞
川に合流するが、二ヶ村用水の項で紹介しているのでそちらを参照願いたい。


さて、前項冒頭で三ヶ村用水は現在の小柳町や押立町において多くの支
流を見ることができると記した。
多くの支流の中から4つほど辿ってみたので、写真を中心に紹介したい。

向田堀
三ヶ村緑道の北端近くから東へ折れて、三ヶ村用水・二ヶ村用水接近地点
へと流れる。
前項で説明した石井神社は、この向田堀沿いに鎮座する。
堀名はこの地域の集落名に由来するらしい。
2016-05-28_S11.jpg

2016-05-28_S12.jpg

裏堀
妙光院下水系が合流する東郷寺下交差点付近で本流から分かれ、しみ
ず下通り沿いに流れる水路、流末は根堀川上流部に合流する。
小田分村の部落の裏を流れていたことに由来する。

しみず下通りの南側に地下水汲み上げのポンプ場があった。
今は使われていないのだろうか。
2016-05-28_S21.jpg

西武多摩川線との交差手前、畑の中を通っている。
2016-05-28_S22.jpg

一度、しみず下通りの北側に出た後、再び南側へと戻ってくる。
道路の脇にはコンクリ蓋の暗渠が続く。
2016-05-28_S24.jpg

その先、通りからちょっと離れて東へと向かっている。
2016-05-28_S25.jpg

2016-05-28_S26.jpg

最後は白糸台第二公園という児童公園脇を流れ、根堀川に合流。
2016-05-28_S27.jpg

前どぶ
裏堀の上流部から分かれて、本流(車堀)へと落ちる400メートルほどの
短い堀である。
小田分村の部落の前を流れていたことに由来するという。

2016-05-28_S31.jpg

2016-05-28_S32.jpg

2016-05-28_S33.jpg

瀬戸堀(三御殿堀)
六中角交差点付近で裏堀から分かれて早川へと流れ込む堀。

三御殿堀(サグテン)緑道と称する緑道沿いに進む。
2016-05-28_S41.jpg
資料とした『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』では、
前述の裏堀の一部をサグテン堀と称していたとしているが、ちょっと疑問が残る。

2016-05-28_S42.jpg

その先、マンションや住宅の脇、畑の中を縫うように進む
2016-05-28_S43.jpg

2016-05-28_S44.jpg

訪れた時は6月の農繁期であったが、水は流れていない。
やはり、現在は雨水排水路化しているようだ。
2016-05-28_S45.jpg

道の左右に畑が広がる。
都市の中に突如として現れたのどかな風景である。
2016-05-28_S46.jpg

畑の中を進んでいくと、先ほどの早川の北へと出る。
2016-05-28_S47.jpg

《参考文献》
『府中市内旧名調査報告書 道・坂・塚・川・堰・橋の名前』 府中市教育委員会編



目次
  

大丸用水北堀 2

大丸用水北堀は多摩川の土手近くの住宅沿いに進んでいく。
水路沿いに植えられた草木と、水路の木柵の風景が和やかな気分にさせてくれる。
2016-04-29_56.jpg

石垣に囲まれた水路の途中には水辺まで下りることができる場所もあり、
親水性を考慮して整備されたのだろう。
2016-04-29_59.jpg

この先、北堀は限りなく多摩川土手に近づいて接するように流れ、再びも
との道路へと戻ってくる。
そしてその道路が架かる橋の下で左に支堀を分岐する。
2016-04-29_62.jpg

その支堀はしばらくの間、北堀本流と並行して流れる。
写真の暗渠が支堀、本流は右の柵の中を流れている。
2016-04-29_65.jpg

参考資料とした『稲城市文化財地図』には北堀の北側に流れる支流をうな
ぎ堀
として記載されている。
その地図ではもう少し先で分かれているように記されているが、おそらくう
なぎ堀として間違いないだろう。
なお、このうなぎ堀は稲田公園を横切り、菅稲田堤の住宅街や畑を通り、
三沢川と二ヶ領用水が交差する場所の近くで三沢川へと水を落とす。
下の写真は、その先のうなぎ堀の様子。
2016-04-29_76.jpg

水路の北側に野戸呂稲荷神社が鎮座する。
由緒などは不詳、小さな神社である。
2016-04-29_68.jpg

北堀は再び住宅地の中に入ってしまうため迂回を強いられるが、その先で
出てきて道路沿いに流れていく。
2016-04-29_72.jpg

京王相模原線と交差する。
京王線を調布方面から乗ると、多摩川を渡った先で右手に北堀を見ること
ができるので、機会があれば電車の窓からご覧いただきたい。
2016-04-29_75.jpg

京王線との交差した先、多摩川の土手に菅渡船場跡の碑がある。
江戸時代、多摩川には「上菅の渡し」が、また明治になってからは「下菅の
渡し」が開設され、人々の往来や物資の輸送に利用されていた。
昭和10年(1935)多摩川原橋の開通により2つの渡しは廃止になったが、
新たにこの地に「菅の渡し」が設けられ、昭和48年(1973)まで利用されて
いたという。
2016-04-29_80.jpg

北堀は南東方向へ向きを変え、稲田公園を通りぬける。
稲田公園はかなり広い公園で園内には夏季営業のプールもある。
稲田公園内では、暗渠というが、水路は地中に埋められてしまっている。
2016-04-29_89.jpg
公園を訪れる人々に大丸用水という歴史的遺産を紹介するという場があっ
てもいいのではないだろうか。
ちなみに園内には人工のせせらぎがあり、子供の遊び場となっているが、
そこを流れる水は前述のうなぎ堀へと流れ込んでいる。

稲田公園を抜けると北堀は開渠となり、またもや住宅街の中を流れていく。
2016-04-29_92.jpg

稲田堤駅の北方を通る道路に出る。
ここで、右手から菅堀が北堀へと合流する。
2016-04-29_94.jpg

南武線に突き当たり、そのまま南武線沿いを流れていく。
2016-04-29_99.jpg

南武線沿いを200メートルほど流れ、北堀は三沢川に流れ込む。
鉄橋脇には立派な水門が設けられている。
2016-04-29_101.jpg

こちらは対岸から撮影した様子、いくつかの支堀が合流して増えた水が、音
を立てて三沢川へと落ちている。
2016-04-29_110.jpg

…と、いつもならここで水路の紹介は終わるのだが、この北堀にはまだ先がある。
前項の冒頭で記したように、北堀は中野島用水とも称されていた。
この地はまだ旧菅村のエリアであり、旧中野島村には入っていない。
現在、北堀が合流している三沢川は、昭和18年(1943)に治水対策とし
て流路を変更して開削された河川であり、それ以前は更に東へと延びて
いたのである。

その水路跡は現在でも残っている。
南武線の南側で三沢川に架かる下島橋の道を東へと進むと、道沿いに
緑の空間があり、道沿いの家々からは小さな橋が架かっている。
これが大丸用水の跡である。
2016-04-29_113.jpg

更にはその先に二ヶ領用水が流れているが、そこには「川崎歴史ガイド」と
いう川崎市による大丸用水の説明板があり、そこには次のように記されている。
この小さな用水は稲城市大丸から取り入れられ、中野島付近を潤していた。
水量が少なく、水争いの種でもあった。
明治の中頃まで、この地点に二ヶ領用水と立体交差する樋があった。

ということで、まだ水路の追跡は続く。
2016-04-29_117.jpg

二ヶ領用水を渡ると、その先に二ヶ領用水から分水された暗渠が続いて
いる姿を確認できる。
2016-04-29_121.jpg

暗渠は先ほどの道路に出て、道路沿いに進んでいく。
2016-04-29_122.jpg

さらにはその先で開渠となって進んでいく。
2016-04-29_124.jpg

大丸用水北堀(中野島用水)は、中野島村内では大堀と称されていたらしい。
その大堀はこの道沿いを約900メートルほど東へと進み、南から流れてく
る二ヶ領用水一本圦堀へと合流している。
その水路はさらに下流で他の水路と合流し、最終的には登戸の小田急線
橋梁の先で多摩川へと合流する。
なお、前掲の『稲城市文化財地図』では、その多摩川合流地点までを大丸
用水として描かれている。

ただ現在、中野島付近を流れる水は二ヶ領用水として多摩川から取りこま
れた水であり、大丸用水としての追跡はこの辺りで終わらせておこう。

《参考資料》
『稲城市文化財地図』 稲城市教育委員会



目次
  

目次

ブログの過去記事にリンクします。(下線の部分からリンク)

青字:開渠(概ね総区間の50%以上もしくは1km以上が開渠)
黒字:暗渠もしくは水路跡
灰字:未公開
(薄字は他の水系参照)
※ 正式名(通称を含む)が無い水路については、(仮)を付けて仮称を記載しています。
※ 各河川の記事内には、小さな支流の話題を含んでいる場合があります。

支流は、水系ごとに上流から順に記載しています。
 +←:本流に合流する水路(支流)
 +→:本流から分かれていく水路(分流)
 +⇔:本流から分かれ、再び本流に戻っていく水路

各水系にすばやくジャンプできます。
神田川水系
目黒川水系
玉川上水水系
野川水系
黒目川水系
石神井川水系
渋谷川・古川水系
白子川水系
内川水系
六郷用水水系
府中用水水系
残堀川
呑川水系
荒川・隅田川間の水路
二ヶ領用水・大丸用水水系
谷沢川水系
日野用水水系


 
神田川水系

神田川  
 |
 +← 善福寺川 
 |   +← 松庵川
 |   +→ 天保新掘用水
 +← 小沢川
 +← 和泉川(笹塚支流) 
 +← 桃園川 
 |   +← 天保新掘用水 ※ 上記に同じ
 +← 妙正寺川 
 |   +← 井草川
 |   +← 江古田川
 |   |   +← 濯川
 |   +← 上高田支流(仮)
 +→ 神田上水
 +← 弦巻川 
 +← 水窪川 
 +← 蟹川
 +← 谷端川 
 |   +← 東大下水
 +→ 日本橋川 
 |   +→ 竜閑川
 |   +→ 楓川
 |   |   +← 京橋川
 |   |   +→ 桜川(八丁掘)
 |   |   +→ 築地川 
 |   +→ 亀島川
 |       +→ 新川
 +→ 浜町川
     +← 竜閑川 ※ 上記に同じ

《番外編》 桜ガイド 神田川善福寺川妙正寺川

目次Top

 
目黒川水系

目黒川 
 |
 +← 烏山川 
 |   +← 水無川(中川)
 |       +← 牟礼用水 ※ 【玉川上水水系】 参照
 +← 北沢川 
 |   +← 森厳寺川・だいだらぼっち川
 +← 空川
 +← 蛇崩川 
 +← 谷戸前川
 +← 羅漢寺川

《番外編》 桜ガイド 目黒川

目次Top

 
玉川上水水系

玉川上水 
 |
 +→ 田村分水
 +→ 熊川分水
 +→ 拝島分水
 +→ 柴崎分水 
 +→ 砂川用水 
 |   +→ 小金井分水
 |   +→ 梶野新田分水 
 |       +→ 深大寺用水東堀 
 |       +→ 深大寺用水西堀 
 +→ 野火止用水 
 |   +→ 平林寺堀
 +→ 新堀用水
 |   +→ 小川用水 
 |   +→ 鈴木用水 
 |   |   +→ 大沼田用水
 |   |        +→ 野中用水 
 |   +→ 田無用水 
 +→ 千川上水 
 |   +→ 中新井分水(上新街分) ※ 【神田川水系】江古田川 参照
 |   +→ 中新井分水(北新井分) ※ 【神田川水系】濯川 参照
 |   +→ 長崎村分水 ※ 【神田川水系】谷端川 参照
 +→ 牟礼用水
 |   +→ 水無川(中川) ※ 【目黒川水系】 参照
 +→ 烏山分水 ※ 【目黒川水系】烏山川 参照
 +→ 北沢分水 ※ 【目黒川水系】北沢川 参照
 +→ 三田用水 
 |   +→ 神山口分水 ※ 【渋谷川・古川水系】宇田川松濤支流 参照
 |   +→ 白金村分水
 +→ 原宿村分水 ※ 【渋谷川・古川水系】代々木川 参照

目次Top

 
野川水系

野川 
 |
 +← 元町用水
 +← 小金井分水 ※ 【玉川上水水系】参照
 +← 小金井野水
 +← 逆川(北の川)
 +← マセ口川
 +← 深大寺用水(西堀・東堀) ※ 【玉川上水水系】参照
 +← 入間川(中仙川) 
 +← 仙川 

《番外編》 桜ガイド 野川 仙川

目次Top

 
黒目川水系

黒目川 
 |
 +← 西妻川
 +← 出水川
 +← 落合川 
 |   +← 立野川
 |   +← 弁天川
 +← 中沢川

目次Top

 
石神井川水系

石神井川 
 |
 +← 貫井川 
 +← 田柄川 
 +→ 稲付川北耕地川) 

目次Top

 
渋谷川・古川水系

渋谷川 
 |
 +← 代々木川
 +← 神宮南池支流(仮)
 +← 宇田川
 |   +← 河骨川
 |   +← 松濤支流(仮)
 +← いもり川
 |
古川
 +← 三田用水白金村分水 ※ 【玉川上水水系】参照
 +← 吉野川

目次Top

 
白子川水系

白子川 
 |
 +← 新川 
 +← 百々向川

目次Top

 
内川水系

内川 
 |
 +← 池尻川

目次Top

 
六郷用水水系

六郷用水 
 |
 +← 谷戸川 
 +→ 新田川
 +→ 北堀 
 +→ 南堀
     +→ 能登川堀(逆川)
     |   +→ 松葉用水・北前堀
     +→ 子の神堀
     +→ 中宿堀
     +→ 新宿糀谷村用水

目次Top

 
府中用水水系

府中用水 
 |
 +→ 谷保分水
 |   +← 矢川・清水川
 |   ↓
 +← 下の川 
 +→ 新田川 → 妙観堀二ヶ村用水三ヶ村用水(下記参照)へ
 |   +← 本宿用水
 +→ 雑田堀 → 妙観堀(下記参照)へ
 +→ 妙光院下水系代小川
 +→ 妙観堀矢崎都市下水路
     +→ 三ヶ村用水  → 根堀川(下記参照)へ
     +→ 二ヶ村用水
         +→ 根堀川 

目次Top

  
残堀川

残堀川 
 |
 +→ 根川

目次Top

 
呑川水系

呑川 
 |
 +← 九品仏川
 +← 池上用水(洗足流れ)
 |   +← 清水窪湧水路
 +→ 旧呑川

 
荒川・隅田川間水路
ここでは荒川と隅田川の間の地域に流れる川(運河)を取り扱います。
水路が縦横に交差しているため、水系図は記載しません。

北十間川 
旧中川
横十間川 
小名木川 
六間堀・五間堀
大横川 

目次Top

 
二ヶ領用水・大丸用水水系

大丸用水菅堀 
 |
 +→ 大堀  → 三沢川(下記参照)へ
 +→ 押立堀
 +⇔ 新堀
 +→ 北堀 
 |  |
 +→ +→ 三沢川(下記参照)へ

二ヶ領用水 
 |
 +← 三沢川 
 +→ 五ヶ村堀
 +← 宿河原堀
 +→ 久地・溝ノ口村堀
 +→ 川崎堀 
     +→ 渋川
     +→ 大師堀
     |   +→ 江川堀
     +→ 町田堀

《番外編》 桜ガイド 二ヶ領用水

目次Top

 
谷沢川水系

谷沢川 

目次Top

 
日野用水水系

日野用水上堰    ※ 下流の根川を含む
 |
 +← 上田用水
     +← 豊田用水
         +← 黒川


目次Top

その他

13/02/20 ブログを始めるにあたり
15/01/01 《2015年新春企画》 川に歴史をみる
16/01/01 《2016年新春企画》 用水へのいざない

目次Top
  
 
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本