FC2ブログ

新川

旧江戸川と中川を結ぶ新川を追った。
もともとは東の旧江戸川から古川を経由して西へ流れる河川があり、船堀川
と呼ばれていた。
天正18年(1590)、江戸に入城した徳川家康は、道三堀、小名木川とともに
行徳までの航路として新川の開削を命じ、寛永六年(1629)、現在の新川橋
以東の一直線の水路が完成した。
新川は行徳の塩の輸送路として、また東北方面と江戸を結ぶ舟運(利根川
~江戸川~新川~小名木川)のルートの一部として重要な役割を担うこと
となる。
明治以降も蒸気船を使った定期船の航路となり、妻沼や銚子、霞ケ浦など
を結んでいた。
しかしながら陸上交通の発達とともに昭和19年(1944)までに廃止され、
通運としての新川は役目を終えた、
現在は散策路が川沿いに設けられ、周辺住民の憩いの場として水をたた
えている。

新川は新川東水門で旧江戸川から取水され,西の中川へと排水される。
ということで、東から西へと歩いていくこととした。

こちらが旧江戸川との交差箇所に設けられている新川東水門。
近づいてみるとかなり大きな水門だ。
2018-09-16_3.jpg

こちらはこの付近(もしくは少し南の妙見島辺りとも)を描いたと言われる歌
川広重の『名所江戸百景 利根川ばらばら松』。
利根川ばらばら松
(国立国会図書館 近代デジタルライブラリーより転載)

新川口児童公園という川の上に造られた小公園の西側で、水が勢いよく新川
に流れ込んでいる。
2018-09-16_10.jpg

ここから中川との合流部まで約3kmの水路が続く。
平均幅員は約30m、広い川幅がかつて船舶が往来したことを彷彿とさせる。
現在は両岸に散策路が続く水路として、住民の憩の場となっている。
2018-09-16_12.jpg

環七が架かる新川大橋を過ぎる。
両岸には桜の樹々が続く。
これは新川千本桜計画という事業により整備されたものであり、平成19年
からスタートし、平成26年までに耐震護岸や遊歩道の整備を中心に、江戸
情緒あふれる街並みとして整備されたものだという。
2018-09-16_16.jpg

新川橋の手前で、北東から古川が合流していた。
現在古川は埋め立てられて古川親水公園として整備されているが、これは
冒頭に記したかつての河道である。
新しい川を新川、旧河川を古川として称されることになったという。
2018-09-16_20.jpg

新川沿いの遊歩道は歩きやすくて快適、所々、釣り糸を垂らして休日を楽
しむ方々も見かける。
2018-09-16_21.jpg

桜橋のたもとでは新川さくら館という施設があり、休み処や広場等の施設
があり、散策の休憩所となっているとともに、多目的ホールなどを持つ集会
施設として活用されている。
2018-09-16_24.jpg

小江戸橋という人道橋の橋詰、江戸時代にタイムスリップしたような場所だ。
新川に架かる人道橋には、このほかにも櫓橋、擬宝珠橋、忍者橋など江戸
の風情を再現した橋があり、橋を見て歩くだけでも楽しめる。
2018-09-16_27.jpg

2018-09-16_28.jpg

新渡橋付近ではかつて一之江境川が合流していた。
東一之江村と西一之江村の境を流れることからその名があり、用水路や
舟運路として利用されていた。
昭和中期以降、家庭排水が流れ込むようになり水質が悪化、埋め立てられた。
現在は一之江境川親水公園として整備され、新中川から取り入れた自
然水が公園内をせせらぎとして流れている。
2018-09-16_29.jpg

新渡橋から更に西へと歩いていく。
2018-09-16_33.jpg

川沿いの道路から地下へ降りていくスロープがある。
新渡橋から宇喜田橋の間、新川の下には有料駐車場があるのだ。
一級河川ではない全国で初めての地下駐車場だという。
2018-09-16_34.jpg

荒川と中川の間を通る首都高速中央環状線が見えてきた。
右側にはスカイツリーも望むことができる。
2018-09-16_38.jpg

宇喜田橋の南に豊栄稲荷神社が鎮座する。
小さな社だが元禄3年(1690)の創建と伝えられる古刹である。
2018-09-16_43.jpg

行く手に火の見櫓が見えてきた。
2018-09-16_46.jpg

この火の見櫓は新川西水門広場の一画に新川千本桜のモニュメントとして
造られたもの。
明暦の大火(1657)の翌年、幕府直属の定火消が設けられた際に四箇所
の火の見櫓が設けられ、それを模してこの地に設置されたという。
2018-09-16_60.jpg

こちらは新川西水門、この排水機場できる。新川の水は中川放水路へと
排水される。
2018-09-16_49.jpg

こちらは中川放水路との合流点、荒川の向こうに荒川ロックゲートなどを
見渡すことができる。
荒川放水路が完成したのは大正13年(1924)、それ以前は旧中川と交
差し、小名木川とつながり、江戸市中への航路が続いていた。
2018-09-16_56.jpg

《参考資料》
えどがわ発見!解説シート №4-3  江戸川区郷土資料室



目次
スポンサーサイト

下の川・田中堀

下の川は立川段丘下に湧き出る湧水などを水源とし、昭島市拝島町および
田中町を流れ、昭和用水本流に合流する河川である。
下の川は途中で車堀を分け、下流は田中堀と称される水路となる。
今回は下の川から田中堀までを通して紹介することとしよう。

古くは下河原用水とも呼ばれ、多摩川からの水を取り入れ、九ヶ村用水(現
昭和用水)の北を並行して、啓明学園内を流れていたという。

下の川は段丘下の住宅の前にある水路跡から始まる。
道路を挟んで西側は啓明学園の敷地となっておりその上流を確認すること
はできない。
航空写真で見る限り、そこは学園のグラウンドとなっており、水路跡が残
存している可能性は低いかもしれない。
2018-06-09_7.jpg

始まりは水の無い水路であるが、数十メートルほど行くと拝島給水所から
下の川へと水が流れ込んでいる。
これは給水所の南側を通る昭和用水から下の川に回されている水である。
特に農閑期には給水所から先の用水本流には水は流れず、多摩川から
取水された水は下の川へと流されるようである。
これはこの先にある湧水付近の親水環境の維持のためであろう。
2018-06-09_10.jpg

さらに歩いていくと崖線下に整備された水路が広がり、鯉が気持ちよさそ
うに泳ぐ光景を目にすることができる。
所々、崖線からの湧水を確認することもできる。
2018-06-09_17.jpg

その親水エリアの中心にあるのが、東京の名湧水57選にも指定されて
いる龍津寺下の湧水、木製のデッキの上にベンチなども設けられ、市民
の憩いの場ともなっている。
2018-06-09_22.jpg
なお崖上にある龍津寺は天文年間創建と伝えられる曹洞宗の寺院。
拝島分水参照)

この辺りは素晴らしく綺麗に整備された水環境であり、しばらく佇んでいた
いと感じさせる。
2018-06-09_24.jpg

下の川の南側にはもう1本水路が流れている。
車堀と称される通路であり、拝島高校の南で昭和用水本流に合流する。
車堀の名前は製糸用水車があったことに由来するらしい。
下の川からの分水地点もあるがそこには水流を確認することはできず、
現在は給水所から下の川に並行して流れる水路から水を通しているようである。
2018-06-09_32.jpg

一部暗渠の区間もあるが、下の川は道路沿いに東進していく。
この先、水路は2本に分かれるが(便宜上、北側水路・南側水路と称する)、
南側水路は住宅の間に入ってしまう。
2018-06-09_37.jpg

道沿いに流れる北側水路を追っていくことにしよう。
2018-06-09_38.jpg

水路脇に生えていた大木、かなり昔から下の川の様子を見守っていたので
あろうか。
2018-06-09_40.jpg

しばらく進むと短い区間ではあるが暗渠となる。
2018-06-09_42.jpg

水路は暗渠となってクランク状に進み、再び顔を見せると住宅の間の中へ
と入ってしまう。
そこは草が生い茂り水面さえも見づらい。
2018-06-09_43.jpg

迂回していくと北側水路は多摩辺中学校の北を流れていく。
2018-06-09_50.jpg

一方、先ほど分かれた南側水路は中学校の南を東へと進む。
この中学校は南北を下の川に挟まれているというわけだ。
2018-06-09_45.jpg

国道16号線を渡ると、その先はホームセンターの北を流れていく。
写真に見える水路は北側水路、南側水路はというと右側の道路の下を暗
渠となって流れている。
2018-06-09_53.jpg

上の写真の住宅脇で南側水路の水の一部が北側水路へと流れ込んでいる。
2018-06-09_55.jpg

一旦、北側水路と南側水路はわかれるが、南側水路は周辺の田圃を潤
した後、田中町住宅の西側で2つの水路は最終的に合流する。
現在の町名である田中町でわかる通り、この付近は旧田中村の地域内
であり、下の川もここでは田中堀と呼ばれていたという。
2018-06-09_57.jpg

更にはその先、西からもう一本の水路が合流する。
これは玉川上水の拝島分水、拝島駅北側で玉川上水から分水し、奥多摩
街道沿いに流れてきた用水である。
2018-06-09_60.jpg

その後、水路は崖下を流れていく。
拝島分水を合流して水量が増えたためというわけでもないだろうが、
川幅が広くなり、コンクリート護岸の河川が木々が生い茂る中を流れていく
という形となり、これまでとは雰囲気がかなり異とする。
2018-06-09_64.jpg

2018-06-09_65.jpg

拝島分水合流地点から600メートルほど行くと、昭和用水に合流する。
昭和用水が道路を横断して流れ込むため、見た目には下の川の方が本流
のように感じられる。
この先も昭和用水は崖の下を東へと流れていく。
2018-06-09_69.jpg

《参考資料》
『あきしまの歴史散歩』 昭島市教育委員会



目次
 


ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

リバーサイド

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本