上田用水

浅川から取水し、日野市の川辺堀之内、上田、万願寺地区を経由して根川
へと流れる上田用水(かみだようすい)、およそ2.8kmの用水路である。
途中、豊田用水が合流するが、用水を流れる水は殆どが豊田用水からの
ものであり、実態としては豊田用水の下流域と言っても過言ではない。

取水口は浅川の一番橋と高幡橋の中間地点の左岸にある。
こぢんまりとしており、あまり目立たない水門である。
2016-12-23_74.jpg

取水口近くに川辺堀之内日枝神社が鎮座する。
創建年代は不詳だが、江戸時代初期、川辺堀之内村の開村にあたり、名
主が京都の日吉大神を勧請して建てたと伝わる。
神社北側には延命寺(豊田用水参照)が隣接しており、明治初期の神仏
分離以前は延命寺が別当寺を務めていた。
2016-12-23_73.jpg

上田用水はしばらく浅川と並行して流れる。
用水を流れる水の量は少ない。
2016-12-23_77.jpg

取水口から350メートルほど行ったところで一般道を横切り、浅川とは離れていく。
2016-12-23_80.jpg

用水は畑の中へと入ってしまうが、迂回していくと、再び道路沿いに水路
が顔を出す。
2016-12-23_82.jpg

その先で左手から豊田用水が合流する。
前述したように、上田用水を流れる水の多くは豊田用水からのものであり、
ここから水量が増加する。
2016-12-23_84.jpg

用水右手に水門が見えてくる。
ここで新井用水への旧水路を分水する。
新井用水は上田用水と同じく浅川から取水しているが、河床が低くて上田
用水から補給され、浅川北岸の万願寺・下田・新井・石田地区の田を潤し
ていたという。
2016-12-23_87.jpg

日野市上田の住宅街を流れていく上田用水。
2016-12-23_92.jpg

国道20号線(日野バイパス)を越えた先で向きを東へと変え、畑の脇を
流れていく。
2016-12-23_93.jpg

水路は再び日野バイパスと交差し道路の南側へ流れ、100メートルほど
流れた後に三たびバイパスと交差して流れていく。
水路を追う立場からすると、大きな道路を三回も渡ることになり面倒だが、
これは上田用水が蛇行している箇所を、道路が貫いた結果である。
2016-12-23_96.jpg

日野バイパスの北側へと出た後、万願寺の住宅地の道路脇を東へ向きを転ずる。
ここから、用水の最終地点である根川の合流まで一本道である。
2016-12-23_98.jpg

右手に万願寺中央公園が見えてくる。
敷地内に児童館や交流センターを併設する広い公園であり、家族連れや
子供たちの歓声が聞こえてくる。
2016-12-23_102.jpg

その公園の南側に真言宗の田村山安養寺がある。
創建は不明、中世に武蔵国西部を支配していた西党日奉氏の一族の田
村氏の居館跡と言われている。
本堂は昭和57~58年に行われた修理時の調査から、18世紀初頭のも
のとされ、日野市の有形文化財の指定を受けている。
2016-12-23_106.jpg
ちなみにこの辺りの住所である万願寺という寺院は現存せず、その所在
地もわからないようだ。

その東側には八幡大神社が鎮座する。
大神社というほどの規模ではないが、安養寺が別当寺を務めてきた古社
のようである。
2016-12-23_109.jpg

やがて上田用水は多摩モノレールと交差する。
2016-12-23_113.jpg

多摩モノレールとの交差後も、200メートルほど住宅の脇を流れていく。
2016-12-23_114.jpg

根川大橋の橋詰で、上田用水は根川へと音をたてて水を落して終わる。
2016-12-23_121.jpg

《参考資料》
『用水を総合的な学習に生かす~日野の用水を例として~』
                     小坂 克信 著




目次
 
スポンサーサイト

東大下水

東大下水(ひがしおおげすい)は本郷台地の西側を流れ、谷端川の支流と
して位置付けられる。
現在は暗渠化されておりその姿を見ることはできないが、千石付近から白
山を経由し、春日で谷端川と合流していた。
そのほか、六義園からの水路や、西片方面からの支流、東京大学から菊
坂沿いを流れる支流などを合わせもつ。
下水とは、上水に対しての下水(雨水路など)という意味であり、決して現
代でいうところの生活排水路というわけではない。
なお、この東大下水に対して、谷端川(小石川)を西大下水とも称していた。

今回のスタート地点は千石4丁目36付近、北西側は個人宅となっており
東大下水として辿れる再上流の場所である。
2016-12-17.jpg

100メートルほど歩くと不忍通りを渡る。
不忍通りはこの付近で凹んでおり、早くも川の痕跡を見つけることができる。
2016-12-17_3.jpg

不忍通りと交差した先、千石の住宅街を真っすぐと進む。
2016-12-17_4.jpg

その道路を進むとやがて道路は細くなっていき、暗渠道となる。
2016-12-17_10.jpg

この道は途中でクランク状に曲がつつ、暗渠道は100メートルほど続いていく。
2016-12-17_11.jpg

細い道を出た先は白山通り、東大下水はこの通りに沿って進んでいた。
白山通りの右側の道路から少し入ったところを流れ、その先で道路の左
側へと移る流路であったようだが、京華女子高校や東洋大学などの敷地
として埋もれてしまい、この付近では川筋を追うことはできない。
2016-12-17_13.jpg

仕方なく白山通りの歩道を歩いていくことになる。
2016-12-17_15.jpg

500メートルほど歩いていくと、斜め左に分かれる道路があり、ようやく東
大下水の流路に再会することができる。
2016-12-17_16.jpg

この辺りは寺社が多いが、南側の浄土寺、本念寺、北側の白山神社に立
ち寄ってみたので、紹介しておこう。

深廣山浄土寺は浄土宗寺院であり、寛永5年(1628)に創立、承応2年
(1654)に当地に移転したという。
徳川家康の孫で、結城秀康の長男である松平忠直(1595~1650)の墓
所がある。
2016-12-17_20.jpg

浄土寺の向かい側にあるのが、日蓮宗寺院の信弘山本念寺
宝永3年(1706)の開創であり、こちらには天明期の文人・狂歌師で蜀山
人の称号で知られる大田南畝(1749~1823)の墓がある。
2016-12-17_22.jpg

東大下水の北、台地の上には白山神社が鎮座する。
白山神社の開創は天暦2年(948)という古社である。
元は本郷一丁目にあったが、元和2年(1616)、現在の小石川植物園の
地へ遷座、その後、明暦元年(1655)、館林藩主で後の五代将軍である
徳川綱吉が白山(小石川)御殿を建立するにあたり、当地へ再移転した。
なお、白山御殿という名は元白山社地であったことに由来するという。
2016-12-17_28.jpg

北の白山神社はもとより、南の浄土寺、本念寺へも坂を上らなければなら
ず、東大下水の川筋が谷地であることを実感できる。

白山通りから分かれた先、白山下の商店街を通っていく。
この辺りで六義園からの水路が合流していた。
2016-12-17_32.jpg

白山下の交差点を過ぎると天台宗の南縁山円乗寺がある。
天正8年(1581)に圓栄法印がに密蔵院として創建、元和6年(1620)に
円乗寺と改称、さらには寛永8年(1631)に当地へ移転した寺で、
八百屋お七の墓があることで有名である。
2016-12-17_46.jpg
ここで八百屋お七の物語について紹介しておこう。
お七は駒込片町の八百屋の生まれであったが、天和の大火(天和2年
(1682))で家が焼かれ、円乗寺へと避難する。
そこで寺の小姓であった山田佐兵衛と恋仲となるが、やがて家は再建さ
れて戻ることになる。
お七は佐兵衛に会いたい一心で付け火をするが、放火の罪で捉えられ、
天和3年に火あぶりの刑で処刑されてしまう。
数え年16歳の少女が起こした悲話である。

寺の門前には墓とは別に、八百屋於七地蔵尊がある。
2016-12-17_34.jpg

そこには、この地の地名であった指ヶ谷についての説明板が立っている。
その説明によれば、昭和39年施行の新住居表示前までは「指ヶ谷町」
と呼ばれていたとのこと、但し、その由来は不明である。

東大下水はその後、白山通りの東側を南下する。
そこには、幅の狭い道が続いており、道の左側は数メートルの崖となっている。
2016-12-17_49.jpg

白山一丁目児童遊園という小さな公園の下に現れた石垣。
開渠の頃からのものなのだろうか。
2016-12-17_50.jpg

その先は道幅が広がる一般道として進んでいく。
2016-12-17_53.jpg

しばらくこの道路歩いていくと再び白山通りに合流、東大下水はそのまま
白山通り沿いを南下していたようだ。
2016-12-17_58.jpg

道路左側、洋品店の横に、樋口一葉終焉の地の碑がある。
樋口一葉(1872~96)については語るまでもないだろうが、この辺りを転
々とし、東大下水菊坂支流沿いにも、旧居跡の史跡がある。
残念ながら24歳の若さでこの世を去るが、Wikipediaの記載によると生
涯に12回の引っ越しをしたそうだ。
ここに居を移したのは明治27年(1894)、没するまでの二年余りの間に
『にごりえ』『たけくらべ』などの代表作を生み出している。
2016-12-17_60.jpg

東大下水はその後、東側から西片支流菊坂支流を合流し、文京シビック
センター脇を流れ、現在、東京メトロ丸ノ内線が走る北側で谷端川へと合
流していたようだ。
2016-12-17_66.jpg
東大下水を流れてきた水は、谷端川をさらに数百メートルほど南へと流れ、
神田川へと注いでいたことになる。



目次
  
ごあんない
目次
過去記事はこちらから。
水系ごとに体系化しています。

橋マップ
Google Mapを利用して、
橋の位置と写真を紹介します。
INDEX

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
プロフィール

Author:リバーサイド
善福寺川沿いのウォーキングから始め、東京や近郊の中小河川・用水・暗渠を巡る。
07年「善福寺川リバーサイドブログ」を綴り始め(14年6月閉鎖)、13年2月から当ブログを開始。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フォトアルバム
外部のサイトを利用して、フォトアルバム(スライドショー)を表示します。
以前のブログから引き継いでいます。

金太郎(杉並の暗渠)
神田川の桜 2008
善福寺川の桜 2008
目黒川の桜 2012
三島の湧水
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
おすすめ
リバーサードがお勧めする本